ブログ


ブログ
BLOG

2021.02.18

ため息ついて幸せになる♪

こんにちは!

昔から、『ため息をつくと幸せ逃げる』といわれますが
これは、大きな間違いです!

ため息がでるときって、どんなときでしょう?

きもちが沈んでいるとき💦
山積みの仕事に取り組んでいるとき🔥
とても疲れてぐったりしているとき😨
などなど。

こういう状態のとき、カラダでは何が起こっているかというと、、、
筋肉が緊張しこわばっていて、
血流が悪くなり、呼吸も浅いので酸素も少なくなります。

しかし!

「ふう~」や「はあ~」と、大きく息をはくことで
呼吸が深くでき、酸素量もアップします。
滞っていた血流がよくなり、副交感神経が高まることで
カチコチにこわばったカラダと心をリフレッシュできます!!ブログ画像ため息は、幸せを逃がしているのではなく
自律神経をととのえるアクションなのです\(^o^)/

呼吸といえば、、、

わたしは大人気の鬼滅の刃をみて感化され、
呼吸ってやっぱり奥が深いと、改めて感じました。

主人公の炭治郎や、ほかの強い人たちもみんな
自らの呼吸を自在に操り、スゴイ技を繰り出すのですが、
一体この人たちの自律神経はどうなってるんだ!!
なんて思いながら、映画を観ていました(⌒∇⌒)

自律神経の機能が高く、ととのっている状態なら
呼吸も深くできるので、細胞ひとつひとつに酸素や栄養が巡ります。
心もカラダも若々しく、イキイキと過ごせます✨

ハンドセラピスで自律神経ケア、はじめてみませんか(^O^)

無料体験会はこちらから